KnowRun

The characters and events depicted in this photoplay are fictitious.

Pawn Sacrifice

f:id:KnowRun:20201114185103j:plain

私は精神力の98%をチェスに注いでいる。他はわずか2%だ

Netflixのドラマ「クイーンズ・ギャンビット」 が話題になっているようだ。日本以外の国では人気ランキングのベスト10に入っている(”アベンジャーズがコナンに勝てない国”ならではの現象だ)。天才少女がチェスの世界チャンピオンを目指す話らしく、リミテッドシリーズでもあるらしいので近日中に見たいと思う。

 

チェスの天才を描いた作品として私が連想したのが「完全なるチェックメイト」(Pawn Sacrifice)である。アメリカの天才チェスプレーヤー、ボビー・フィッシャーの生涯を描いた作品で、フィッシャーを「スパイダーマン(サム・ライミ版)」のトビー・マグワイアが演じている。マグワイアのピーター・パーカー的な挙動不審感のある演技がボビー・フィッシャーによく合っている。

f:id:KnowRun:20201120150552j:image

フィッシャーは”天才”の例に漏れず神経質な男であり、光や音に敏感であった。その描写は「ギルティ」のように印象的に表現されている。またそのチェスに対する真摯さゆえか、あらゆるものと対立しがちであり、敵を作りやすかった。他の映画でいうと「ビューティフル・マインド」や「イミテーション・ゲーム」のような雰囲気である。ただし、フィッシャーに(映画上の)ハッピーエンドは訪れない。世界チャンピオンになった後も精神状態は悪化し続け、放浪罪で捕まったり(自身もユダヤ系なのに)反ユダヤ発言を行ったりと波瀾万丈な人生を過ごした。チェスにおいて想定される局面は10の120乗とのことだが、天才にとってはチェスのほうが遥かに単純なのかもしれない。

生涯を通してアメリカのポーンとして犠牲になってきたフィッシャーが”ボード”から降りた瞬間は映画上では描写されないが、映画として正しいと感じた。ビターな作品ではあるが、静謐さがあり私好みの作品だ。

 

デートしたいんだ。胸が大きくて、陽気な女性と

 

 

Is the order Pablo Honey?

f:id:KnowRun:20201214193448j:plain

And if the world does turn, and if London burns

I'll be standing on the beach with my guitar

I wanna be in a band when I get to heaven

Anyone can play guitar and they won't be a nothing anymore 

ごちうさ1期1羽、超凝った大作を作るようになった国民的バンドが拙くも瑞々しいデビューアルバムをリリースしていた頃の曲を聞くような不思議な感覚が去来する」

これは私がインターネットで見つけた言葉である。「ごちうさ」こと「ご注文はうさぎですか?」といえば、今や萌豚界で知らぬ者のいない作品である。現在も3期が放送され、その展開が話題を呼んでいる。私も毎週実況しながら見ている(ラピスリライツと同じ枠ということもある)。この現状を踏まえて1期を見直すと、確かに上述の感想も納得できるものがある。

「拙くも瑞々しいデビューアルバムをリリースしていた超凝った大作を作るようになった国民的バンド」の例はいくつかあるだろうが、私はレディオヘッドを想起した。今では半分伝説となってしまった彼らだが、デビューアルバムの「Pablo Honey」はまさに「拙くも瑞々しい」一枚となっている。後ろ向きではあるものの外に向いた歌詞が真っ直ぐな歌とトリプルギターと力強いベース/ドラムによって届けられる、まさにロック・アルバムだ。現在の何言ってるかわからない歌と何が鳴ってるのかわからない音像とは大違いである(それはそれで好きだが)。

この「Pablo Honey」であるが、「Creep」の評価は高かったもののアルバム全体としての評価は芳しくなく、すぐにチャートと人々の記憶から姿を消すことになった。その後彼らは「The Bends」「OK Computer」などの世界的名盤を生み出し不動の地位を築いていくことになる。今回、この記事を書くために「Pablo Honey」を再聴してみたのだが、何故評価が低いのかわからなかった。わかりやすいリズムとメロディーで聴きやすいし、トム・ヨークも裏声をさほど使っていないがこれはこれで格好良いと感じた。しかし、これは私の中に「これはレディオヘッドのデビューアルバムだ」という意識があるからかもしれない。これが無名のバンドの作品だったら、私も1993年の人々のように大した反応を示さない可能性はある。これはごちうさも同様で、もしヒットしていなかったら「うーん?」となる表現はいくつもある。未来によって過去(の認識)が変わる事例だ。3期の出来が良いことによって1期の見方が変わる。私も作品を見ながら「積み重ねなんだよな…」と毎週思っている。

「Pablo Honey」には「Creep」以外にも「Anyone Can Play Guitar」や「Blow Out」など名曲が入っているので、聴いてみてほしい。ちなみに私が好きなレディオヘッドのアルバムは「In Rainbows」である。好きなごちうさのキャラはシャロだ(境遇が似ているので)。

Juicebox

f:id:KnowRun:20201101173839j:plain

Old time love song will die so swiftly
You never trust me, for a while it was nice, but it’s time to say bye

I’m cold, you’re so cold
You’re so cold, you’re so cold

4月に”The New Abnormal”という名盤を世に放ったストロークスであるが、彼らの曲の中でもキャッチーで聴きやすいのがこの”Juicebox”である。私はこの曲が一番好きだ(世間的な評価はわからない)。

f:id:KnowRun:20201101175251p:plain

当初私はタイトルをジュークボックスの別名だと思っていたが、そうではなかった。ジュースボックスとは血の詰まった箱のメタファーで、ミュージシャンや俳優などの「光の当たる場所で輝く人々」を指しており、彼らはショービジネスで搾取されている、という歌詞らしい。結構ハードである、が、ストロークスがそうだったとは思えない(ろくにアルバムも出さないし)。まあ、そういう背景を抜きにしても名曲なので聴いてみてほしい。ストロークスっぽくないかもしれないが。

 

 

Why'd You Only Call Me When You're High?

f:id:KnowRun:20201101151250j:plain

You said you "Gotta be up in the morning, gonna have an early night.
And "You're starting to bore me baby,
Why'd you only call me when you're high?"

 

普段はコミュニケーションを放棄している私だが、時折、誰かと話したくなるときがある。会って話すほどでもないけれど、テキストでは味気ない、そういうときに通話リクエストを出す。タイトルの通り、気分の良いときにしか通話はできない。薬物やアルコールを使うという意味ではなく、何かを達成したときに通話がしたくなる(ただし、その「何か」について話すことはない)。有益な話ができることはまずないけれど、誰かと話題を共有し、同じような悩みを抱えていることを知ることで少しだけ満たされた気持ちになれる。もしくは、その社会ごっこに安心できるのかもしれない。

 

通話しているときのほうが、相手との距離を近くに感じることが多い。テーブルや肉体を隔てていない(見えない)からだろうか。身体的距離の遠い、ソーシャルディスタンスという言葉が生まれる前から人に接触できない私だが、通話であれば割とスムーズにできる。今でも通話リクエストを出すのは気が引けるが、始まってしまえばどうということはない。

 

なぜこんなことを書いているかというと、10年ぶりに友人と電話をしたときのことが印象深く思い出されるからだ。詳細は書けないが、喪失感を感じたが不思議とそれが嫌ではなかった。私がどれだけ自分の認識の中で生きてきたかということ、誰しもそれなりに抱えているということ、核の部分はあまり変わらないということを感じた。行動は早めに起こしたほうがいいな、とも感じた。「今期のアニメ今期のうちに」は私がよく使うフレーズだが、言葉だけだった。

 

アニメはいつでも変わらずに私を待っていてくれる。変わってしまうのは…

楽園

f:id:KnowRun:20201101164245j:plain

 

「私 明日旅立つの、知らないとこへ。いいでしょ?」
あの子はそう言って いなくなった
楽園へ行ったと 聞いたよ

 

世界は未だに苦難の只中にあるが、私のコミュニティでは旅行に出かける人が増えている。これは例のキャンペーンによって格安で宿泊できるようになったこと、一人で出かけてなおかつ人混みには行かないから感染リスクが低いこと、定職に就いて使える金額が大きくなったことなどが関係しているだろう(無職見習いみたいな人も多いが)。毎週のように温泉や海、キャンプの光景を見かける。

私もかつてはよく旅行に行っていたが、最近は足が向かなくなっている。金銭的な問題ではなく、疲れてしまうことや疲れた状態で月曜日を迎えたくないこと、旅に出ても感性が鈍っているので新たな発見がないこと、読みたい漫画や本が多いことなどが理由として挙げられる。海外旅行に行けなくなったのも大きい。私はかねてからバルト三国(と、トランジットで寄るであろうフィンランド)に行きたいと考えていたが、この情勢では無理だろう。まあこちらは金銭的な問題も大きいのだけれど。

 

自由に旅行はできなくなったが、住む場所はある程度自由になった。友人もオザークのような場所に引っ越したと聞いた。私はそこまでではないが、住みたい街はある。2年周期くらいで住む場所を変える生活がこれからのトレンドになるかもしれない(「旅しながら働くこと」で飯を食っていた人たちは、今はどうしているのだろう?)。

自分で積極的に選んだわけではないけれど、今住んでいる街も嫌いではない。特筆すべきところがないが、住む場所とはそういうものなのかもしれない。いずれは(良くも悪くも)この街を出ていくけれど、それまではゆっくり自分の街にしていきたいと思う。

 

今期は楓・J・ヌーベルが面白い。なんか犬っぽくない?

 

2020年夏映画

f:id:KnowRun:20200930083534j:plain

What happened is what happened.

 

2020年7月〜9月に映画館で見た映画は「テネット」だけだった。

 

今回、初めてIMAXで映画を見た。映像の迫力もさることながら、とにかく爆音にやられた。これまでノーラン作品ではハンス・ジマーが劇伴を担当していたが、テネットではルドヴィグ・ゴランソン(寡聞にして知らなかったが、「クリード」「ブラックパンサー」などライアン・クーグラー作品の劇伴を担当している)が劇伴を作っている。最初のオペラハウスのシーンで、これまでと空気が違うことを感じた。私個人としては、ハンス・ジマーのスコアより落ち着いていて好きだ(爆音で重低音が鳴っているのに何を言っているのかと思われるかもしれないが、確かにそうなのだ)。

 

考察などは先人たちが様々なことを書き残しているので、わざわざここでは書かない(ニールの正体など気になることは多いが)。感想としては、テネット式タイムトラベルでは逆行するのにリアルタイムかかる(1年逆行するために1年かかる)ので、非常に効率が悪く危険も多い(11次元を通らない)と感じた。回転ドアが発明されても庶民は使わないだろう。次見ることがあれば、ニールの視点で見たいと思う。

 

空の境界を見た後のハーゲンダッツ(ストロベリー)、アベンジャーズ/エンドゲームを見た後のチーズバーガーのように、本作もまたダイエット・コークが飲みたくなる名作である。

 

 

 

 

 

 

2020年夏アニメ

f:id:KnowRun:20200928142641j:plain

 

  • 放課後ていぼう日誌

釣りの楽しさと、その釣りを長く続けていくために海を守っていくことの大切さをストレートに伝えた骨太なアニメであった。見てたか雪村?

 

もっと宙を出せ。

  • GREAT PRETENDER

騙し方はある種オーソドックスなものだが、キャラクターの裏側が物語とリンクしていて説得力があった。まあエダマメの親父はダメだと思う(キャラとしては好き)。

  • Lapis Re:LiGHTs

序盤は意味不明な展開(ドッジボールや廃墟探索など)が多く、「私は何を見せられているのだろう」という気分になったが、そこまでの積み重ねが最後に向けて活きてくるところにカタルシスを感じた。忘れかけていた”信じる”という気持ちを思い出させてくれた。また、映画へのオマージュ、光の表現(上記の記事を参照)、シンプルな曲の良さなど、視聴体験として強かった。この時間を共有できて良かったと思う。ゲームやろうかな…。

 

来期はごちうさBLOOM、安達としまむらOne Roomサードシーズンなど充実の布陣である。どこまで戦えるか試してみたい。