KnowRun

The characters and events depicted in this photoplay are fictitious.

The 1975

f:id:KnowRun:20200507153340j:plain
最近の音楽についていけなくなっている私だが、The 1975の動きには注目している。The 1975についてよく知らないという人でも、天使の3P!とその#5「君の姿を撮るのが楽しいんだ。なぜなら君はとても可愛いのにそれに全く気がついていないから。」はご存知だと思う。これはThe 1975の2ndアルバム「君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。」のパロディである。そういった意味でも、今一番勢いのあるバンドといっても過言ではない。

彼らの音楽は「何でもあり」だ。同じアルバムの中に様々なジャンルの曲が詰め込まれている。アルバムを追うごとにその傾向は強くなり、最新作「Notes on a Conditional Form」はまるでオムニバスアルバムのような様相である。これはほぼ同時期に発売されたストロークスの「The New Abnormal」と好対称であり、当時はよくネタにされた。私はこのNOCFに対してあまりいい印象を持っていなかったが、夜になんとなく聴く分には良いなと感じてきた(アクモンの6枚目についても同じこと言ってなかったか?)。

私が一番好きな曲は「Sincerity Is Scary」だ。私はこの曲が彼らの真骨頂だと勝手に思っている。ホーンあり、コーラスありのゴージャスで綺麗なサウンドに乗せて「男の言い分」が持って回った言い方で語られており、非常に現代的である。MVも非常にポップだが、あまり歌詞とリンクしてはいない。テラスハウスのOPに使われていたらしいが、確かにテラスハウス的かもしれない(距離の遠さが)。